おわら 宿泊 風の盆 八尾 民泊 諏訪町 町家 月見 富山 越中

現地宿泊困難な祭りとされる越中八尾(やつお)おわら風の盆。その八尾旧町、それも諏訪町本通り沿いに町家をご用意いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

はじめに。 おわら風の盆、どこにも負けない立地最高の町家。

※この記事は2011年5月23日に書いたものですが、
このブログの普遍的な概要なので常に最初の記事に置いておきます。
興味のある方は記事をご一読の上、お気軽にお問い合わせください。

*****

現地宿泊予約が困難とされる
おわら風の盆本祭


その中でも特に人気の高い諏訪町本通り沿いの
瀟洒な町家をご用意いたしました

沿いということは、玄関戸を開けると目の前が
皆様がガイドブックや旅行パンフレットやTVで
ご覧になる、あの諏訪町本通りなのですよ 

八尾曳山展示館『観光会館』、
諏訪町公民館など徒歩スグで

一晩中おわらを完全掌握できる場所、
という稀有な環境


毎年 指折り数えて この町家においでになることを

楽しみにしておられる方々(リピーター様)がおられます

あなた様もどうぞ


例年9月1,2,3日、夜の部


目の前で繰り広げられる
まさに鮮烈で感動的な眺めの
深夜の町流しを、
その目で心ゆくまでご堪能ください


美しい町家からの眺めは。
2階からもよし。
1階からもよし。

相席はなく、そばにあなたの大切な方(々)のみと。

お布団に横たわってまどろんでいると
光源が雪洞のみの幻想的な深夜の諏訪町通りを
遠くから三味や胡弓の音が
諏訪町通りならではの特殊な反響をさせながら
踊りの隊列がやってくるのです。

まさに最高の舞台

この世のものとは思えません

この贅をあなたの大切な方(々)のみと
朝までゆったりとご堪能ください。


【コメント】

今年・平成29年/
2017年は(土、日)は
いよいよ週末に寄った開催の年ですね
こんな年はあの混雑に巻き込まれますが
その分、風情ある深夜の街流しとの対比を堪能できるというものです

そして、
一昨年平成27年/2015年春3月14日(土)には

県民の悲願、 待ちに待った
北陸新幹線開業したのでありました


東京駅⇔富山駅間が
JR約2時間8分 (北陸新幹線/かがやき号)
(以前は最短3時間7分)と 約60分の乗り換えなし大幅短縮となり、
富山駅⇔越中八尾駅間
16-18分(JR高山線特急ひだ利用)を
追加しても首都圏からおわら風の盆はうんと近くなりました

 

参考:<東京駅と首都圏のリゾート地駅間の所要時間(片道)>

・東京駅⇔群馬/水上駅(みなかみ温泉)JR2時間50分、

・東京駅⇔神奈川/伊豆急下田駅(ペリー来航の地)のJR2時間42

・東京駅⇔千葉/館山駅(南房総)JR2時間25


**追記**
東京⇒北陸新幹線/かがやき号⇒富山(乗換)⇒高山線/特急ひだ⇒越中八尾は最短JR2時間49分になりました!!(以前は3時間52分)。別記事参照。

 

町内の宿泊施設の増える見込みは???ですが、

おわら観光客は確実に増えましたね。

富山県人大好きな
受験ではありませんが
先んずれば人を制す、先手必勝

今のうちから越中八尾(やつお)諏訪町における、

あなたのおわら拠点づくりを考えてみませんか


お問合せ・仮予約は下記まで。


おわら風の盆諏訪町の町家*
【電  話】:070-5082-3037
【Eメール】:suwamachi@gmail.com
【住   所】:富山県富山市八尾町諏訪町 諏訪町本通沿い
【アクセス】:諏訪町公民館、八尾曳山展示館『観光会館』徒歩スグ

◎東京駅丸の内北口(復原された丸の内駅舎の方)で
利久の牛たん弁当を買いこんで
北陸新幹線で堪能、一眠りもすれば
もう富山着、乗換一回で越中八尾なんてアラ、素敵過ぎ



スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 |

9月上旬はおわら風の盆だけじゃなかった!

今年はおわら好きのみなさまには人気の週末開催9/1-3(木⇒土)です (^-^)/。
が、
逆に週末ならばこそ、おわらにおいでにならないリピーター様がいらっしゃいます(゚д゚)。

なんと、この町の者には理解しかねますが、世の中、9月はおわら盆だけじゃなかった!!!!

なんでも東京ジャズフェスティバルというのがあり
毎年9月の第1週の週末に開催されるんだそうです

なんでも内外の大御所が一堂に会して東京でJAZZをなさるそうで
おわら盆が平日なら週末開催の東京ジャズと両方参加できるが
今年は両方とも週末で重なってしまった!!!!

おわら好きで、毎年我が家においでるジャズ大好きなリピーターのお客様から
「今年はどうしてもおわら盆には行けないっ( ノД`)」と連絡がありました。
そのお方がこよなく愛する大御所のピアニストが結構な年齢でいつどうなるか・・・
「オレさ、彼の無事を毎年定点観測+確認しているんだよ、
だから今年も行かなくちゃならんのだわ(`o´)」と。 はぁ。

そーんなこと言ったらおわらの大御所らもいつ・・・(不謹慎 以下略)と申しましたら、
安心してください、おわらには前夜祭に行くからさヾ(・∀・)ノ とのことでした

横になりますが
雛の地のこちらでも5月末、同じく大御所ジャズピアニストのチックコリアがソロでコンサートをなさいました
上記リピーター様はお茶の水・カザルスホールで彼のコンサートをそれは満喫されたそうで
しきりに
「よかったよ~、せっかくだから富山のコンサートに行ってくれば?
田舎ではめったに見られないよ(-∀-)」と仰るので・・・
素直な私はプレイガイドにチケットまだあります?と聞いたら
「はーん、なんやらいっぱいあっぜ( ´_`)」と言われました
リピーター様にお伝えすると
「えええええええ、信じられない(*`ェ´*)! 富山、何? 許せない」とのことでした・・・。はぁ(´~`)。


まあ
おわらもジャズも鳴物と言う点は同じと言うことで   (^∇^)ノ
ジャズコンサートは富山が穴場と言うことで   (^∇^)ノ

私は「行きたいでーす行きたいでーす行きたいでーす♡」と心底熱意を込めてハガキを応募したら
ユーミン様のトークショ―・チケットが
当選したのでそっちに行ってきまーす(^∇^)ノ(^∇^)ノ


追記:
今年は各種ツアーの入り込みは2日3日が特に多く、出だしは順調とのことです。
やっぱ新幹線かなぁ。
諏訪町も色々大きく変わります。乞うご期待!いらしてみてのお楽しみ(ノ∇≦*)
未分類 | コメント:0 |

金沢 越中八尾おわら流し(ひがし茶屋街)2016年

金沢 越中八尾おわら流し(ひがし茶屋街)2016年

ちょっとUPが遅れてしまいましたが
金沢のひがし茶屋街で本場のおわらをご覧になれるの、ご存知でしたか?

日本全国におわらファンはたくさんおいでになり、
当然隣県の古都金沢にも熱烈なおわらファンはおられ、
隣県地元紙カルチャースクールでもダンス講座や胡弓講座は開講されています。
しかし、それらは越中八尾おわら保存会のおわらとはちょっと・・・(以下略)。

で、毎春4月の第2土曜(覚えておきましょう^^)、
あのひがし茶屋で越中八尾おわら保存会のセレクトメンバーが金沢の観光協会に御呼ばれして
町流しをするのです。こちらはすごいですよ。
お茶屋さんが2階を開けて(普段絶対されないそうです)お大尽が芸妓と見学されるさまを
私のような庶民が見学できると言う・・・「ほら、みまっし~ 芸妓はんや」と金沢の皆さんが教えてくれました。
おわら盆本番さながらのギャラリーは内外の観光客だけではなく、
「今、NHKで告知しとったげん、駆けつけて来てん」と金沢市民もたくさん駆けつけてました。
今年で流しは9回目、その前は舞台仕立てだったそうで、20人の選抜メンバー(男4、女6、地方10)で
諏訪町と同じく石畳の街を美しく流しておいででした。
特に今年は晴れて温かくてよかった、浅野川を越えてすぐの兼六園の花見と共に
それは大盛況だったのです・・・・!!

良い写真が取れなくてごめんなさい。


こちらの見学/アクセスのシークレットポイント(笑)は・・・八尾で直接私にお尋ねくださいまし!


未分類 | コメント:0 |

2015 初日と二日目の様子、また裏ワザをひとつ

初日は最初土砂降りだったんです
雨の影響で、あの人気の鏡(かがみ)町のおたや階段はがらがらとのことでした
でもその後晴れて月まで出てたんです
待ち続けた人、雲の間隙をついて突撃した人、堪能できてラッキーでしたね

二日目は曇っていた時もあったけれど、おおむね良い天候でした
諏訪町は9時以降に下手(しもて)から上ってきましたが人の波が半端なかったです。

公式スケジュールに書いてないおわらをみる技というのがありまして、
ご招待の家の前で踊るのをちら見させていただく、のですよ

部隊をご招待した家人がいらっしゃるので、ふりの客がその御家庭の前に陣取ることは
ちょっと無理と思いますが
離れたところからギャラリーとして見させていただくのであれば、
文句は言われますまい

公式スケジュールにはない、おわらです。 

そして、おわらでは珍しくない、恩恵です

未分類 | コメント:0 |

2015諏訪町エリアスケジュールの読み解き方

雨が続いて肌寒いです・・・我が家へおいでのお客様、軽く羽織れる上着をお忘れなく

さて、8/22UPパンフレットのエリアスケジュールでわかること、それは

初日夕方街流しは諏訪町公式グループは上手(かまて)から下ってくること、

また、2日目休憩夕食後街流しは小学校演舞場で諏訪町が演舞を終えてから、

下手(しもて)から上ってくること、です 

地図とエリアスケジュールを見て、

あ、そういうことだったのかとピンときていただければ幸甚です

来年も使える技ですよん

でも、当日は本当に色々な要素で変わりますからとりあえずのご参考まで

場所取りが面倒になったら

来年は我が家からご覧ください!
*おわら風の盆諏訪町の町家*
【電  話】:070-5082-3037
【Eメール】:suwamachi@gmail.com
【住   所】:富山県富山市八尾町諏訪町 諏訪町本通沿い
【アクセス】:諏訪町公民館、八尾曳山展示館『観光会館』徒歩スグ




未分類 | コメント:0 |
| HOME |NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。